消化器外科、乳腺・内分泌外科

下部消化管(大腸)

 下部消化管診療グループは大腸から小腸の幅広い疾患に対する治療を担当しています。診療の中心は大腸がんで、年間に100例余りの手術を行い、その8割程が腹腔鏡手術です。進行がんの治療も多く行っており、婦人科や泌尿器科などとの連携による骨盤内臓器の合併切除から、術前化学放射線治療や肛門温存手術、術後補助化学療法など、大腸がんに対する集学的な治療を行っています。また、大腸がん以外の大腸腫瘍や、炎症性腸疾患の手術、小腸の腫瘍や腸管虚血の緊急手術など、年間の手術件数は240件ほどになります。手術に際しては、安全・確実を最優先とし、その上でより低侵襲な手術、痛くない手術を心がけています。また、人口の高齢化に伴い心・肺・代謝性疾患のある大腸がん症例が増加している現状に対応するため、県内唯一の大学病院として、各診療科と連携し、より重症な併存疾患のある高齢者への対応にも取り組んでいます。

大腸癌について

 生活習慣の欧米化などに伴い日本の大腸がん患者数は増加しています。一方、近年の抗がん剤治療の進歩や「大腸癌治療ガイドライン」の導入による大腸がん治療の標準化により、その治療成績は向上してきています。例えば当科における大腸がんの治療成績(5年生存率)はStageIで98.2%、StageIIは85.0%、StageIIIaは85.8%、StageIIIbは62.3%、StageIVは20.6%となっており、結腸癌に限定すると更に良好な結果となっています(Stageは大腸癌取り扱い規約第8版による、図1&2)。当科では消化器内科と連携し厳密な術前診断に基づいて、「大腸癌治療ガイドライン」に沿った大腸がん診療を行っているほか、新規手術手技(ロボット支援下手術)や新規抗がん剤の導入など、大学病院として先進的な治療をいち早く提供できる体制づくりを行っています。

図1:2008年までの大腸癌456例の治療成績(疾患特異的生存率)

図1:2008年までの大腸癌456例の治療成績(疾患特異的生存率)

図2:2008年までの結腸癌258例の治療成績(疾患特異的生存率)

図2:2008年までの結腸癌258例の治療成績(疾患特異的生存率)

 また大腸癌の腹腔鏡手術率は徐々に増加しており、2018年は85%ほどが腹腔鏡手術となっています(図3)。以前の開腹による手術でも平均の術後在院日数は12日未満(80歳以上の高齢結腸癌:11.5日、79歳以下:11.8日)であり、低侵襲手術による更なる早期回復を目指しています。

図3: 大腸がん手術件数および腹腔鏡下手術の割合

 一方、他臓器浸潤を伴う高度な局所進行大腸癌症例や肝・肺転移の症例に対しては、各臓器の専門医がそろう大学病院の特徴を生かし、県内各施設からの紹介を積極的に受け入れ、手術・集学的治療を行っています。  受診者の皆様の安全・安心を第一に、より質の高い確かな医療を提供すべく、日々努力してまいります。

図3:腹腔鏡下大腸癌手術の手術風景

腹腔鏡下大腸癌手術の手術風景

PAGETOP

Copyright © 外科学講座第1教室 | 山梨大学 大学院総合研究部  All Rights Reserved.