消化器外科、乳腺・内分泌外科

病院見学の案内

当ホームページをご覧いただき,ありがとうございます.
外科学講座第一教室は,消化器疾患,乳腺疾患の外科診療を担当し、2023年4月からは山梨大学医学部付属病院の診療科再編が行われ、消化器外科,乳腺外科に分かれて診療を行っています.消化器外科は,消化管グループと肝胆膵グループに分かれており,乳腺グループを加え,3つのグループで形成されています.消化器外科においては,低侵襲化手術をメインに取り組んでいます.上部消化管,下部消化管,肝胆膵のそれぞれに分野で,食道外科専門医,肝胆膵外科高度技能医,内視鏡技術認定医,ロボット手術プロクターのもと,鏡視下手術,ロボット支援鏡視下手術を導入し, 特に,食道がん,直腸がんでは,ほとんどがロボット支援手術となっています.詳しくは各分野のページをご覧ください.
在籍する医師の心と身体の健康の維持を目的に,働き方改革10か条なるものを作成し,複数主治医性,全員回診の撤廃,休日回診の当番制の徹底,当直医による夜間対応など,役割分担を徹底し,休息日,夜間の休息時間を確保し,医師の働き方改革を先進的に取り組む全国でも指折りの教室であると自負しています.
研修医の先生には,山梨県外科領域専門研修プログラムに登録いただく際に,個別に将来の進路について相談させていただき、個々に適した研修を計画させていただきます.乳腺外科志望の場合,必須の基幹病院研修にあたる山梨大学附属病院の乳腺グループで研修していただきます.また、消化器領域,乳腺領域以外にも,第二外科で心臓血管外科,呼吸器外科,小児外科の研修を行うこともできます.
外科専門医取得済の先生の場合は,個別に相談の上,サブスペシャルティーである消化器外科専門医,乳腺外科専門医の取得を目標に研修いただくことになります.さらに,高次専門医といわれる内視鏡外科専門医,食道外科専門医,肝胆膵高度技能医を取得することも可能です.また,薬物療法に興味のある先生は,日本臨床腫瘍学会のがん薬物療法専門医の指導を直接受け,取得することができます.
内視鏡検査を行う医師も多く,地方の大学病院としての特性上,教室としてはAll IN ONEでありつつ,各自が得意とする分野で活躍しております.まずは,当科の活気あふれる雰囲気を感じていただけるよう,病院見学にいらしてください.病院見学については,随時受け付けております.医師の経験年数は問いませんので,下記までお問合せください.
当科のInstagramFaceBookもご訪問ください.

山梨大学医学附属病院 第一外科
医局長 雨宮 秀武
hamemiya@yamanashi.ac.jp

 

PAGETOP

Copyright © 外科学講座第1教室 | 山梨大学 大学院総合研究部  All Rights Reserved.