消化器外科、乳腺・内分泌外科

入局案内

教授ご挨拶

市川教授

 山梨大学第一外科のホームページをご覧いただき有難うございます。
 平成29年に教室に着任致しました市川大輔です。教室の責任者としてご挨拶申し上げます。
 当教室は、消化器疾患と乳腺疾患に対する外科診療を担当しております。消化器外科は、更に4つのサブディビジョン(上部、下部、肝臓、胆膵)に分かれ、年々増加する消化器癌や乳癌などに対する外科治療を行っております。診療では、各臓器の専門チームが最先端の知見と豊富な経験のもと、患者さんに最適な治療を行っております。また、鏡視下手術のみならずロボット手術など新たな手術術式にも積極的に取り組んでおります。
 若い先生方に対する外科医教育も教室の重要な使命と考え、各臓器の専門家が広く深い知識のもと外科診療に関する教育を行っております。実際に、大学病院のみならず多数の教室員が活躍する県内外の関係病院では、多数例の様々な外科手術を経験することができ、効率良く確実な手術手技の習得が可能です。一方で、臨床に即した研究を経験することも皆さんの長い外科医人生には重要と考えております。その中で、生涯役立つ科学的思考を習得すると共に、外科医としてのリサーチマインドも培うことで、皆さんが次世代の良き外科医になると確信しております。
 私どもの教室は決して大きくはありませんが、教室員一同が家族のように一丸となって、皆さんが患者さんに信頼される消化器外科医ならびに乳腺外科医に育つように、支援してまいります。少しでもご興味をお持ちの先生方にご連絡をいただきたくお願い申し上げます。

山梨大学医学部 外科学講座第一教室
教授 市川大輔

PAGETOP

Copyright © 外科学講座第1教室 | 山梨大学 大学院総合研究部  All Rights Reserved.